Im Abendrot

アクセスカウンタ

zoom RSS アーメリングが歌う"商人の鑑"

<<   作成日時 : 2014/12/05 10:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

---下記の録音は現在入手不可能です---
先に報告しました, Nederland Instituut vor Beeld en Geluidが所蔵しているアーメリングの録音の中で, CDやLPに収録されていないものの2つ目として, R.シュトラウスの"商人の鑑"Op.66 (6481721)について報告します.
Op.66 は, 12曲からなりますが, 収録されているのは, 以下の8曲です.

第1曲「昔, 一匹の山羊がいた」" Es war einmal ein Bock”
第2曲「あるとき山羊が使いに来た」” Einst kam der Bock als Bote”
第3曲「うさぎがあるとき恋をした」” Es liebte einst ein Hase”
第5曲「おまえが交響詩を書き上げたら」” Hast du ein Tongedicht vollbracht"
第6曲「おおいとしい芸術家よ, 気をつけよ」” O lieber Künstler sei ermahnt”
第7曲「偉大なる神よ, 我らの敵は」” Unser Feind ist,grosser Gott”
第10曲「芸術家は創造者である」” Die Künstler sind die Schöpfer”
第12曲「おお吸血鬼の一団よ, おお商人業界よ」” O Schröpferschwarm,o Händlerkreis”

なお, 商人の鑑については, フランツさんが, 2014年の8月から, 3回に分けて詳細な解説をされています. 私はこの曲を聴くのは初めてなので, この解説を参照しながら聞きました.

この歌曲集の歌詞の特殊性から, なぜアーメリングがこの曲を歌うつもりになったのかと始めは疑問に思いました.
実際, フランツさんの紹介している男声の歌手(名前不明)と聞き比べると, やはり, 歌詞の内容に対して, アーメリングは声の質や, 歌い方が綺麗い過ぎる感じもします. しかし, 他のアーメリングのレパートリーで時々みせるアーメリングのいたずらっぽさの魅力を発揮しているところもあり, 歌詞の裏に隠されている意味を除外して純粋な音楽として聞くと, アーメリングの魅力は充分発揮されていると感じました.

LPやCDに収録しようとすると, シュトラウスの他の歌曲に比べると優先順位が低くなってしまったのではないかと想像していますが, このように放送用として保存されているのはなによりです. 4曲が欠落しているのは少し残念です.

前回の記事に対して, 気持ち玉を3つも頂いてしまいましたので, 次回は, “Beeld en Geluid“から音楽ファイルを入手する手順について紹介したいと思います. やり方がWEB上でどこにも書かれていないようなので. 1週間後くらいになると思います.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Sandmanさん、こんばんは。
これは衝撃情報でした!
まさかアーメリングが「商人の鑑」を歌っていたとは!!!
確かに彼女が皮肉たっぷりの歌を聴かせるとはあまり想像出来ませんが、例の茶目っ気で魅了してくれそうな予感もします。
注文の仕方の記事を首を長くして待っていますね。
フランツ
2014/12/05 21:14
フランツさん. コメントありがとうございます.
注文の仕方はなるべく早くまとめます.
もし, フランツさんが入手できたら, 私よりも的確なコメントがいただければと思います.
Sandman
2014/12/06 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーメリングが歌う"商人の鑑" Im Abendrot/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる